2014年4月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

心と体

2013年2月 6日 (水)

ありがとうございます!

(一応)仕事から帰ってきてお風呂に入って自分の部屋に来て、毎晩のことだけれどPCをONにしてメールのチェック…。
なんと驚きの名前が受信トレイに!(^^)!
先月下旬、仕事中だったのだけれどこれと言ってやることもなく、ふと思いついてコピー用紙(A4)にそのまま書きなぐりの手紙を書いて、勢いで帰りがけに投函してしまった。

着いたかなあ~読んでくれてるかなあ~とちょっと気になっていたここ数日。

送った先は東京都医学総合研究所の飛鳥井先生。

PTSDのPE療法をやって下さった、恩人の一人であります。
PE療法(暴露療法)は記憶を現在形で話すという、精神的にもツラい治療だった。
でも、飛鳥井先生に出会えなかったら、私はもうこの世にいない確率がとっても高くなる。
どこの病院に問い合わせてもPTSDは診られないと門前払いで
「都立」だと言う理由だけで電話をした、墨東病院の精神科。
カウンセラーさんがとってもいい方で、泣きながら話してた私の話を遮ることなく聞いてくれた。
ちょうどその時期(2007年2月ごろ)、東京医科歯科大学と都精研が合同で、欧米で広く行われているPE療法が日本人にも適応するかどうかの治験?をやっていてそれを教えてくれた。

参加する絶対条件は「本当のPTSD(心的外傷後ストレス障害)であること」
心理テストを受けに1回行って、認められたのでプログラムに参加することができた。

今日いただいたメールに書かれていたけど「ちゃおさんはあの時参加した人たちの中で『優等生グループ』に入っています」だって(*^^)v
がんばったもんマジで。

精神的に不安定になりかけていた頃に、たまたま立ち読みした医学専門書に書かれていた症状と一致していると自分では確信していたけど、書いているこの先生の治療はどこに行けば受けられるんだろう?とずっと考えていた。

治験を担当してくれる医師と初めて挨拶した時に「担当させていただきます、飛鳥井と言います」と言われ、心の中でガッツポーズでした。(専門書によく出てくるご本人だったので)

最後のセッションの時に「先生に初めてお会いした時に、飛鳥井ですって言われて、この先生に会いたかったんだー!とうれしかったです」と言ったら「そうですね、ご縁があって」と笑っておられました。

今日のメールには「津波にのまれて生還した方も頑張っていらっしゃいます」と書かれていました。3・11の被災者の方ですね。

先生、ありがとうございます。
覚えていていただけているだけで私は幸せです(ちょっとイミが違うか?)。

2011年10月11日 (火)

内科と外科の違い

今日は消化器系の病院へGO!

前回までは内科のT先生だったけれど転勤されたので、元の担当だった外科のK先生に。

K先生の口癖は「僕は切るのが専門だからさあ…。」

今は電子カルテになっているので、T先生の書いたものもK先生が見られる訳で。

そこで違いを発見!!

T先生は電子カルテ本来の使い方(そのまま入力)なのに対してK先生は紙に1度書いてそれを読み込ませてるってこと。

薬も「外科では使っていない」のが多かったようだ。

あくまでも私の考えだけど、外科で手術するっていうのは最終手段であると思う。

薬で治るものなら誰も好き好んで手術なんてしないと思う。

K先生、人柄はすごくいい人だけど

「消化器外科専門医」ってことで、私はイマイチ信用できていない(トラウマは怖い)

1か月分の処方をしてもらって2か月後に予約をしてもらってきた。

漢方薬と西洋薬?のどちらがよく効くのか試してみるつもり。

「じゃ12月ね」って言われて、いろんな意味でガーンとショックを受けた。

それまでに仕事決まってなかったらどうなるんだろう??

…頑張りますから・力を貸してください…(@_@)

2011年9月30日 (金)

止められなかったのかな

新聞に載っていた記事。

震災の被災者で仮設住宅に住んでいた女性が海で自ら命を絶ったと言う。

地震の時、一緒にいたおじいちゃんが亡くなってしまったことで

自分を責めていたという。

震災後は炊き出しなどを担当し、活動していたが

仮設に移ってからは予定もなくなり「子供の能力しかなくなった」と

書き記してあったという。

「子供の能力しかなくなった」って言う表現はとってもよくわかる。

自分のことをどうにかするのが精一杯で

私は親がいてくれたから、どうにか生活はできていたけれど。

『おじいちゃんが亡くなったのは、あなたのせいじゃない!!』

実際にその女性に言ってあげたかった。

…多分、女性の耳からは素通りするだろうけれど、言ってあげたかった。

自分を責めちゃいけないんだよ。

自分だって苦しいんだから。

自分は自分で大事にしてあげないと。

ホントのことは誰もわかってくれないんだから…。

ここに書いても届かないだろうけれど

経験者として敢えて書きます。

自分を責めても何も解決しないです。

生きて行くことの方が絶対につらいと思うけれど

あなたは一度生かされたんです!

本当の終わりが来るまで生きなくちゃいけないんですよ。

(半分、自分に言い聞かせてる状態…。)

ホント、生きて行く方がつらいですbearing

2011年9月21日 (水)

医師不信

今日はメンクリの受診日。

お茶の水にある某大学病院。

主治医の言ってることはもっともだと思うよ。

「あなたにはまだカウンセリングが必要だと思う。私が話を聞いてあげられればいいんだけどそういう訳にも行かないし。」

3月までは臨床心理士の先生がいて、2週に1度1時間カウンセリングを受けていた。

他の患者さんのことは気にしないでその1時間は「私の時間」だった。

「そういう訳にも行かない」って言うのは、外来の他の患者さんに迷惑がかかるからだとはっきり言われたし。

3分や5分で何がわかるんだろう??

師匠の1時間はホントに「夢の時間」だったなあ。

私の他にだってカウンセリングを定期的に受けていた人はいたはずなのに

そういう人たちはどうしてるんだろう???

保険が効かないカウンセリングはだいたい1時間8000~10000円。

そんなお金ないし(ー_ー)!!

第一、カウンセラーがいなくなるってわかった時点でどこかを紹介してくれるのがホントじゃないのかなあ?

クスリだけ出せばいいってもんじゃないでしょ??

特に「メンタル」なんだから!

どこかにないかなあ…。保険でカウンセリングもやってくれるところ。

主治医と基本的な考え方が違ってるって(お互い?)わかってるのに通ってるのもおかしな話だと思うよね?

ただ今の病院はある病院から紹介されたって経緯があるので

下手に移れないような気もするんだけど。

あー真面になりたい…って言うか薬なしで暮らせるようになりたい。

その他のカテゴリー