2014年4月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 前頭連合野強化作戦中 | トップページ | 言い訳 »

2011年11月21日 (月)

隆の里と若乃花

九州場所の真っ最中なので…と言うか隆の里(鳴戸親方)が急逝されたので、思いつくままに書いてみます。

タイトルに書いたように、隆の里(鳴戸親方)と二代目若乃花(間垣親方)はともに青森県出身です。

初代若乃花の二子山親方が同じときにスカウトしてきた同期生でした。

十両に上がれる力士は100人に1人とも言われていますから、同じときにスカウトしてきた2人の少年がともに横綱になったと言うのは「奇跡」に近いものだと思います。

私が頻繁に大相撲の東京場所を見に行っていた頃は、いわゆる「輪・湖時代」(輪島・北の湖)でしたので

大関が5人いて(貴ノ花・魁傑・若三杉・旭国・三重ノ海)にぎやかな時代でした。

若三杉が横綱になった時に若乃花を継いだのですね。

私はもっぱら魁傑関(現・放駒理事長)のファンでありましたheart02

貴ノ花は言うまでもなく、若貴のお父さんで初代若乃花の末の弟です。

父親が結構いいところまで行った場合に男の子がいると、子供も入門することが多々あるのですが、血筋がモノを言う梨園とは違って、あくまでも本人が強くならなければどんな親の子でも上には上がれないのです。

…何が言いたいかと言うと…若貴兄弟は改めてすごかったsign03ってことです。

若乃花が若くから活躍したのに対して、隆の里持病の糖尿をコントロールしながら30歳というけして若くない年齢での横綱昇進でした。

ご本人が亡くなってしまったのでインシュリンの問題は藪の中になってしまいましたが、稀勢の里を始め、これからと言うときの訃報にただただ驚きました。

間垣親方もおかみさんを亡くされて、ご自身も杖をついていらっしゃいます。

どうしても力士は短命なのですね…。

私の知ってる親方は51歳で亡くなられました…合掌。

まとまらなくなりましたが、初代若乃花の「見る目」の確かさはすごいですscissors

« 前頭連合野強化作戦中 | トップページ | 言い訳 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 前頭連合野強化作戦中 | トップページ | 言い訳 »