2014年4月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 2011年9月 | トップページ | 2011年11月 »

2011年10月

2011年10月22日 (土)

元気ですかあ?

アントニオ猪木さんじゃないですが…「元気があればなんでもできる」は本当だと思います。

「元気」じゃないとやりたいことも思い浮かばないし、動く気力もないですから。

さださんが以前コンサートでよく言っていた言葉ですが

「元気というのは単に病気ではないということではないと思います。仮に病気であっても心に熱いものがあって前に一歩でも進もうと思っていたら、それは元気です。」

「元気と勇気は使えば増えます」

いつもコンサートから1週間くらいは、さださんパワーで動けたんですけど。

今回は…。

Kさんのブログにさださんが「セサミン」のCM(ラジオ)をやっていると書いてありました。

加山さんが「皇潤」やってるのに、いいのかなあ?

と余計なことを考えてしまいました。

2011年10月16日 (日)

お地蔵さんの言葉

前に書いた記憶もあるんですが

地元のお寺のご住職のブログがありまして

今日、私の母校でもある小学校でのバザーに出店されるということで、行ってまいりました。

かわいい手書きのお地蔵さんの横に言葉が書いてあるのです。

一番気に入って最初に手に取ったのが

「どんな不幸を吸っても吐く息は感謝でありますように」というもの。

自分の中で『浄化』させなければいけないってことなんでしょうね。

ちゃんとご挨拶して握手してきましたよscissors

「いつでも寺に遊びにおいで下さい」と言って下さいました。

本当の宗教家が考える「死生観」に興味があります。

卒業してから次の年に行って、それ以来でしたから懐かしかった。

お母さんたちの世代は明らかに年代が違っていましたsweat01

…校庭があんなに狭かったとは、思っていませんでした。

お地蔵さんはテレビの前にさださんのカレンダーと一緒に並んでいます。

行ってよかったsmile

2011年10月15日 (土)

東京国際フォーラム・コンサート

昨日、さださんのコンサートへ行ってきましたfoot

1階の後ろの方の席だったんだけど、正面だったのでよーく見えましたlovely

Sada City CDは持ってるしデジプレにも入れてるけどほとんど聴いてなかったので

改めて聴いて「あ、この曲いいなあ」って思うのが結構あった。

事前にKさんからリストを聞いていたけど、ちょっと中盤変わってました…。

「会場全員参加コーラス」の曲はやらなかったです。

さださん、いつにも増してトークが過激でしたangry

「お上に頼っていていい時代じゃないってことを教えてくれたのは○○党のおかげです」

「こんなこと『生さだ』じゃ言えないけどさあ…。」って前置きの発言が多かったです。

「東京も被災地です。でも東京が元気にならなければ、日本は元気になれません。東京の人、大変だけど元気出しましょう!!」

『鶏ごはん』の話は2度目だったけど、やっぱり笑えました…田中さん、社長になって下さい。

キムチさんのダンス、よかったですok

どうしても宅間さんが担当していた楽器が入る曲(案山子のピアニカとか)は

ちょっと寂しい感じがしたけど、アレンジが変わっても聴きやすいですね。

最前列の人が一人来なくて、さださん気にしてて

後半やっとその人が来た時に「よかったあ、仕事?待ってたんだよー」と。

その人のお友達と2人握手してもらってました(会場全体で「いいなー」の声)happy02

舞姫のバイオリンはやっぱりステキですheart04

大陸君の弾き方とは違うんだなあ…。どっちかって言うとKENさんに似てる??

ラスト、ギターだけの「いのちの理由」

うーん、やっぱり泣きましたねえ…。涙は流れるままにしておきましたweep

私が生まれてきた訳は…今の私には答えがわかりません。

28年ぶりに一緒に行った母親は、どう感じたのでしょうか?

…来年の4月10日、参加できますようにsign03

2011年10月11日 (火)

内科と外科の違い

今日は消化器系の病院へGO!

前回までは内科のT先生だったけれど転勤されたので、元の担当だった外科のK先生に。

K先生の口癖は「僕は切るのが専門だからさあ…。」

今は電子カルテになっているので、T先生の書いたものもK先生が見られる訳で。

そこで違いを発見!!

T先生は電子カルテ本来の使い方(そのまま入力)なのに対してK先生は紙に1度書いてそれを読み込ませてるってこと。

薬も「外科では使っていない」のが多かったようだ。

あくまでも私の考えだけど、外科で手術するっていうのは最終手段であると思う。

薬で治るものなら誰も好き好んで手術なんてしないと思う。

K先生、人柄はすごくいい人だけど

「消化器外科専門医」ってことで、私はイマイチ信用できていない(トラウマは怖い)

1か月分の処方をしてもらって2か月後に予約をしてもらってきた。

漢方薬と西洋薬?のどちらがよく効くのか試してみるつもり。

「じゃ12月ね」って言われて、いろんな意味でガーンとショックを受けた。

それまでに仕事決まってなかったらどうなるんだろう??

…頑張りますから・力を貸してください…(@_@)

2011年10月 2日 (日)

カッパのバッチ

昨日10月1日は「都民の日」だった。

で、公立の学校はお休みだった…と思う。

思い出したのが「カッパのバッチ」

1個100円??で学校で買っていて、黄色い帽子の横に付けていた。

あれを付けて都の施設(上野動物園とか)に行くとタダだったらしい。

今も売っているのかなあ…?

« 2011年9月 | トップページ | 2011年11月 »