2014年4月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« バラの恋人 | トップページ | 最近のお気に入り »

2011年9月21日 (水)

医師不信

今日はメンクリの受診日。

お茶の水にある某大学病院。

主治医の言ってることはもっともだと思うよ。

「あなたにはまだカウンセリングが必要だと思う。私が話を聞いてあげられればいいんだけどそういう訳にも行かないし。」

3月までは臨床心理士の先生がいて、2週に1度1時間カウンセリングを受けていた。

他の患者さんのことは気にしないでその1時間は「私の時間」だった。

「そういう訳にも行かない」って言うのは、外来の他の患者さんに迷惑がかかるからだとはっきり言われたし。

3分や5分で何がわかるんだろう??

師匠の1時間はホントに「夢の時間」だったなあ。

私の他にだってカウンセリングを定期的に受けていた人はいたはずなのに

そういう人たちはどうしてるんだろう???

保険が効かないカウンセリングはだいたい1時間8000~10000円。

そんなお金ないし(ー_ー)!!

第一、カウンセラーがいなくなるってわかった時点でどこかを紹介してくれるのがホントじゃないのかなあ?

クスリだけ出せばいいってもんじゃないでしょ??

特に「メンタル」なんだから!

どこかにないかなあ…。保険でカウンセリングもやってくれるところ。

主治医と基本的な考え方が違ってるって(お互い?)わかってるのに通ってるのもおかしな話だと思うよね?

ただ今の病院はある病院から紹介されたって経緯があるので

下手に移れないような気もするんだけど。

あー真面になりたい…って言うか薬なしで暮らせるようになりたい。

« バラの恋人 | トップページ | 最近のお気に入り »

心と体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« バラの恋人 | トップページ | 最近のお気に入り »